2016年7月 7日 (木)

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」新しい漫画の公開がスタートしました

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」公式HPで
井上の新しい漫画が公開スタートしました。

20160706_121859

今回はラオスに行き、
不発弾除去の現場と
不発弾の被害に遭った男性や子ども達を
取材して描いた作品です。
私が会った子ども達が
不発弾で負傷したのは
なんとたった1年前のこと。
二人の男の子が亡くなりました。


40年も前のベトナム戦争時に残された不発弾で
ベトナムの隣国ラオスでは
現在も毎年30人前後の被害者が出ています。
日本でも第二次世界大戦時に残された不発弾で
数年前に犠牲者が出ました。
そして今も、
世界中で紛争や戦争、テロが起こり
武器を持たない市民が犠牲になっています。


数日前に起こったテロ事件のように
これを「海の外のこと」と済ませることは
もう出来る時代ではありません・・。
誰もが目を背けたくなる、
厳しい現実ですが
「自分ごと」として受け止めて欲しい・・。
一発の銃弾でも、
一発の爆弾でも、
この地球から減って欲しい。
そんな思いを込めて描きました。


小学高学年のお子さんにも読めるように
分かりやすく描きましたので
ぜひ読んでみてくださいね。


JICA・JANIC・UNDPによる
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」公式サイトはこちらです。

20160707_172654

↑黄緑色のアイコンをクリックして
漫画ページに進んでください。


1

実際の不発弾除去作業の動画は
井上のFacebookでご覧頂けます。
(こちらのブログには動画が張り付けられませんでした)
大きな音が出ますが、
爆弾というものがどんなものか、体感して頂くために
音声をONにして視聴してみてくださいね。




|

2016年7月 5日 (火)

まとめてアップ!

早いもので、もう7月。
2016年も半分終わってしまいました。

ということで、
投稿するはずだった6月分のお知らせなどを
一気にアップさせて頂きます。

13346563_1026511697432906_3442223_2

仙台市発行の就活応援マガジン「仙台で働きたい!」の
リーフレット表紙イラストを担当させてもらいました。
「日本一」とか「完璧に」ではなく、
「だいたい」というところが仙台らしくて好きです(笑)
この、ほどほど感が仙台の魅力と言えなくもないです


13516221_1040926929324716_814981829

「仙台で働きたい!」東京版も出ました。
表紙の漫画に描かせてもらった通り、
仙台は平均通勤時間が東京の6割とのこと。
地下鉄東西線も開通して、
アクセスが格段に良くなりました。

自転車通勤の人が多いのも仙台の特徴で、
仙台市内中心部では
「自転車専用レーン」「歩行者専用レーン」が
分かれている所があります。
雪が降っても自転車に乗る人が多いことに
移住したての頃はビックリしました・・・。
雪用の自転車用タイヤがあることを、
仙台にきて初めて知りました。


13413512_1027540827329993_674555059

集英社オンラインメディア・OurAgeにて連載中の
「半ダース介護」も公開されました。



13590490_1043478365736239_244026076

現在、公開されているのは4話。
夫の舅(育ての父)くまパパが突然倒れて
3人目の介護に突入するハルコさん。
待っていたのは壮絶な〇〇のお世話の問題でした・・・。

ショート漫画なのでサクッと読んで頂けるかと思います。
笑いながら介護を考える機会にして頂けると嬉しいです。


13413048_1033091543441588_390578788
竹書房サイトにて連載中の
「ふくしまノート」も公開しています。
今回は九州の震災に対する、福島の人々の思いを
福島在住の方や県外避難している方に語って頂きました。
九州には日本で唯一稼動している川内原発があります。
地震被災だけではなく、放射能被害の脅威という
同じ不安を抱く地域として
災害や原発、エネルギーなどについて
それぞれの方にお聞きしました。
遠い九州の地震の報道に、
子ども達はどんな反応をしたか?などもお聞きしましたので
是非読んでやってくださいね。




13516404_1035565293194213_511333825

そして「ふくしまノート」九州の震災の回・後編で
九州の方々に震災のこと、エネルギーのこと、
福島に向けての思いなどをお聞きするために
熊本県阿蘇へ取材に行きました。



13445674_1036029336481142_705071633

熊本入りしたのは
ちょうど大雨で熊本には土砂災害警戒が出たその日。
熊本空港から阿蘇を結ぶ道路にある、
阿蘇大橋が地震による土砂崩れで崩落してしまったので
福岡空港から車で熊本に向かいましたが、
あちこちの道路が通行止めになって
移動だけでかなり時間がかかってしまいました。
火山灰災害や土砂災害、水害など
災害が多いと言われる熊本の様子を
少し体感させてもらう貴重な機会になりました。

この回の漫画は
現在作画作業中です。
7月中旬に公開される予定です。


13445737_1034635179953891_738468742

生活クラブ連合会さんの機関誌「生活と自治」の
3号連続リレーエッセイにも登場させて頂きました。
現在は7月号・8月号が発行済み。
9月号には書き下ろしのイラストも掲載されます。
25万部発行されているそうですので
機会がありましたらご覧下さいね。


13394080_1025917334159009_723691287

そして6月は
本業の合間に、クローズドのお話会イベントも開催しました。
仙台の街づくりの場で活躍している足立チカコさんと
人数限定の食とトークの2日連続イベント。



13327348_1025917254159017_475625037

1日目は石巻カレー全集をメインに
コミュニティーカフェ「うれしや」店主でもある足立さんが
なんと10品の「黒料理」を作ってくれました。


13319830_1025917424159000_828489989

そして2日目は
10品の「赤菓子」を食べてもらいながらのお話会。
参加して下さった方々に
何とか楽しんでもらおうと
2日とも浴衣で挑みました。
(この日は暑くて大変でした・・・)
お陰さまで(?)
カフェに陳列させてもらった「石巻カレー」は完売。
いや、良かった良かった・・・。


記念写真も店主足立さんの発案で
「ボンカレーのポーズ」(笑)
同年代の方にしかわからないだろうなあ・・・



13327389_1025917420825667_755334838

井上、大笑いしていますが(笑)
本当に楽しい2日間でした。
中には東京からの出張ついでにご参加くださった方や
久しぶりにお会いする方がいらっしゃったり・・・・。
いつも孤独に仕事しているので
こういう機会って本当に有り難いです。




実は今回のお話会は
私の最後のクローズドイベントでした。
「うれしや」店主・足立さんには
沢山の出会いとご縁が生まれるきっかけをつくってもらいました。
心から感謝しています。
(今後は参加者としてお邪魔させてもらいますね!)


他にも河北新報にて連載中のイラストコラム
「週刊きみどり」などもあり、
6月もバタバタしている間に過ぎて行ってしまいました。
7月は夏休みを控え、
やっぱりバタバタになりそうな気配がしていますが
目の前にあることを着実にこなしながら
毎日を過ごせたらと思っています。

ボチボチと
がんばろう〜。


|

2016年6月 2日 (木)

「仙台で働きたい!」

13346493_1024150824335660_266205838

表紙を担当している、
仙台市発行の
地元就活応援マガジン「仙台で働きたい!」
6月号が発行されました。



今回は第一印象研究所・杉浦先生から
「面接で失敗した時の対処」について
取材させてもらって書かせて頂きました。
現役社会人も「なるほど〜」なネタが満載です。


宮城県、山形県の各大学、
仙台の公共施設の他
仙台市地下鉄駅などにも置いてありますので
東北にお住まいの方は
ぜひ手に取ってみて下さいね。



|

2016年5月31日 (火)

石巻カレー×九州ご飯会

13267985_1021435514607191_699363775

先週末、
仙台の知人たちと
「石巻カレーと九州ご飯会」を開きました。


13312674_1021435541273855_310505348

皆さんに「石巻カレー全集」7巻の
『石巻やきそば×(かける)カレー』を
本物の石巻焼きそばの麺にかけて
食べてもらいました。


石巻焼きそばの麺は
2度蒸しするため、麺が茶色いのが特徴。
魚介の出汁で蒸していて
麺だけ食べても美味しいのです。



13256195_1021438414606901_761457990

他に作って食べてもらったのは
●熊本産人参と豆腐のムース
●九州豚の竹ザル蒸し(本物は蒸籠蒸し)
●茎ワカメとブナシメジの明太子和え
●九州野菜のグリル・・・など。

写真はデザートの
熊本名物「いきなり団子」。
サツマイモと餡子を包んだ蒸し饅頭です。


普段、井上家では
九州産の野菜を取り寄せて食べることが多く、
東北と九州を食でつなげて
皆で考える場を作ることが
今回のご飯会の目的でした。
「食」って、考えること、感じること、対話することの
良いきっかけになる・・・と
いつも感じます。
今回も参加者は社会活動をしている知人が多く、
皆でいろんな対話をすることができました。

13319754_1021438294606913_801807278

九州に出張していたという参加者が
熊本のご当地カレー4種を差し入れしてくれました!
どれも美味しかったです〜。
地方によっていろんな味のカレーがあるんですね。


「石巻カレー全集」をテーマにしたクローズドのイベントは
今週末も2つ予定されています。
準備は大変ですが・・・・・・
参加される方に楽しみながら
いろんなことをお伝えできたら・・と思っています。




|

2016年5月21日 (土)

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」取材漫画公開が始まりました。

20160521_71023

国際協力機構(JICA)
JANIC、UNDPなどが運営する
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」HP
井上の取材漫画が
昨日から公開になりました。


数ヶ月前に完成していた作品なのですが、
やっと公開に〜(感涙)



20160521_71153

今回は
ベトナムにて取材した
人身取引(人身売買含む)について。
実は日本も人身取引の受け入れ、
他の国への中継、
国内の日本人による日本人の人身取引など
問題を抱えています。
表には出難いこの問題、
アジアという「地域」の中で
知る必要があるのでは?と思います。



20160521_71217


小学高学年のお子さんでも
読めるように描きました。
無料公開です。


この「ラオス・ベトナム編」は
今後もラオスの不発弾除去問題、
母子保健医療の問題と取材漫画が続きます。
よろしければ読んでやってくださいね。



「なんとかしなきゃ!プロジェクト」HPはこちら



|

2016年5月20日 (金)

介護の漫画、スタートしました。

Photo

集英社オンラインメディア「OurAge」にて
介護の漫画連載がスタートしました。


タイトルは『半ダース介護』
一番多い時は
なんと7人の高齢者を介護していたハルコさんの
ドタバタほのぼの介護日記です。

20160520_221156


現在、2話まで公開中ですが
「7人も介護なんて、どういうこと!?」という
お声が多かったので
担当さんが
人物相関図で解説してくれています(笑)
相関図をご覧になってから
漫画を読んでやってくださいね。


20160520_221042


「OurAge」はこんな感じのオンラインメディア。
「美も健康もあきらめない」がテーマの情報サイトです。

「OurAge」の『からだ元気』のコーナーでは
2014年に連載していた、
防災や緊急時の対応をテーマにしたイラストコラム
「SOS!こんなときカラダどうする?」シリーズを
熊本地震発災後、編集部さんがまとめてくれています。

●災害時のお金と印鑑の問題
●災害時のトイレ
●災害用品にブラジャーを。

・・・など、
軽めの表現で書いています。
災害はいつ、どこで起こるかわからない現代。
ぜひこちらもご覧下さいね。


20160520_221826

新連載「半ダース介護」は
月2回の連載。
3ページのショート漫画なので
気軽に読んで頂けるかな?と思います。

ご覧になって気に入ってもらえましたら
漫画ページ上部の
Facebook「おすすめ」もポチッとして頂けると
有り難いです。
どうぞよろしくお願い致します!


集英社OurAge
「半ダース介護」はこちら
「SOS!こんなときカラダどうする?」はこちら



|

今年もイラスト使ってもらいました。

13239997_1015428005207942_186172538

5月14日に開催された
全日本自治団体労働組合主催の
「被災3県の自治体で働く女性のつどい」
今年も井上のイラストを使って頂きました。


福島市で開催された今年は
新たに制作したバッジを
服につけて出席される方が
多くいらしたそうです(有り難や・・)


この日の基調講演は
精神科医の香山リカさん。
震災後、支援者である自治体の方々の
心身の疲弊は根深い問題と言われています。
そういう意味でこの集会が持つ意義は
大きいのではないかと思います。
今後も継続して開かれますように・・。


関係者さま方、
お疲れさまでした!




|

«「石巻カレー全集」発売中です。