« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月17日 (日)

あれからのこと。まとめて。

133171
3月6日から5日間
東京出張でした。
今回もたくさんの方々に
取材させてもらったり
打ち合わせしたり
滞在先のホテルでのラジオ番組収録なんてことも
していました。

133172

青山学院大学で開催された
集英社の女性雑誌9誌主催、青学共催の
「Women's Magazine in AOGAKU 2013」では
銅版画家・山本容子さんの講演を取材させて頂きました。
私がお邪魔させて頂いたのは
eclat(エクラ)オリジナルワークショップ
「今、知って欲しいホスピタル・アートのこと」。
ホスピタルアートの奥深さと
アートによる心身への影響力を改めて知りました。


133173
東京から足を延ばして
鎌倉へ取材にも行きました。



133174
3月11日・12日には
井上の単行本2冊が無事発売になりました。
「ふくしまノート・1巻」(竹書房)
「マンガでわかるコドモの医学」(集英社)は
全国の書店、オンラインブックストアで発売中です。
取材やご意見番としてご協力下さった方々、
2社の担当さん、
デザイナーさん、ありがとうございました。

こうして連載がまとまって単行本になり
世の中に出回ると
その瞬間から私にはその作品が
「過去の物」になってしまいます。
自分が描いたものだけど、もう自分の物ではなく
手に取って下さる皆さんの物・・という感じ。



沢山の方々に手に取って頂きたいな・・と願いながら
今は次の構想準備に向かっています。
次のハードルは高いけれど
協力して下さる方々に背中を押してもらいつつ
挑戦を続けたい。
そんなことを思っています。


133175
「マンガでわかるコドモの医学」は
収録1話目がカラーになっています。
目次も装丁デザイナーさんが可愛く仕上げてくれました。
印刷所さん、デザイナーさん、お疲れさまでした!


B_ij2
そして今日17日は
集英社の女性ファッション誌・情報サイト
「HAPPY PLUS(ハピプラ)」
に井上の記事が公開。
今回のお題は
「マダム女性向け・お腹痩せトレーニング開始しました!」
格闘技家の先生のスタジオで受けた講習について書きました。
「eclat(エクラ)Web Salon」で見つけてやって下さいね。
あ。もしご覧頂きましたら
ついでに「Like」「いいね」なんてしてもらったりすると
とっても嬉しいです。
(無料で登録できます)



13317b

ハピプラと同じ記事を
従来のAging BIBLEブログでもご覧に慣れます。
トレーニング中の井上の証拠写真もありますので
よろしかったらどうぞ。

133176

前後しますが
3月15日には
集英社のコミックサイトにて連載中のWEB漫画
「カホゴ夫の日常」第4話が公開されました。
第0話から5話分、すべて無料で読んで頂けます。
毎回どうも宣伝しにくい漫画ではあるのですが(苦笑)
100%お笑い漫画ですので
気が向いたら読んでやって下さいませ。

そして・・・
3月11日は
震災後3度目の春を迎えました。
その日はどうしても家族バラバラになるのが怖くて
10日のうちに東京から仙台に戻りました。



3年目を迎え、
東北に住まう一人として
このブログで何かメッセージを出さなくては・・・
と思っていたのですが
いざ11日の朝を迎えてみると
言いたいこと、伝えたいことがたくさんあるはずなのに
言葉になってくれませんでした。



その日のFBで
こんなことを呟きました。
「去年より流れる涙は少なくなりましたが、
心の重みは増したようです。
何を願えば良いのかさえ、わからない今日。
せめて今日という日が、日本中の誰にとっても
何ごともなく過ぎて行ってくれる日でありますように。」



あれから1週間が経とうとしていますが
今も少しばかり茫然としているかもしれません。



実は、昨日から
お休みをさせてもらっています。
振り返ってみると
この1年間、
ほとんど休み無しで仕事をさせてもらっていたので
この辺りで少し
体と心を解放させてやりたいと思っています。




Top1182
Facebookにて写真家のJin君と一緒に活動している
「じんきみ写真館」
3月31日まで春休みを頂くことにしました。
フォトメッセージの配信は4月1日から。
よろしかったら、また見てやってくださいね。


春は何かと気ぜわしい季節です。
皆さんどうか
良い春をお迎え下さいね。


|

2013年3月 6日 (水)

「ふくしまノート」第13話。

361
2シーズン目を迎えた
「ふくしまノート」第13話掲載号が竹書房より発売されました。


今回は福島県内9カ所と東京1カ所で
食品放射能測定や内部被爆測定などをしている
「CRMS・市民放射能測定所」さんを取材し、描かせて頂きました。



市民の皆さんが持ち込み測定を希望する殆どのものは
自家栽培の野菜やお米で、
それらは当初の予想より低い数値だったものの
田んぼに置かれたままの籾殻(表面)は
2万6千ベクレルという信じられないほど高い数値だったとのこと。
それを知らずに「昔からそうしているから」と
自分の田んぼで燃やしてしまう人も多いそうです。



「ND」「検出せず」「不検出」=放射能ゼロではなく
その測定器で測定できる放射能性物質濃度の限界値

・・ということも意外に見逃しがちな事実です。
(検出限界値20ベクレル未満の場合、
「不検出」とは放射性物質は0ベクレルではなく
1ベクレルなのか、19ベクレルなのかわからない・・ということ)



「私達は福島の食品を危険だと言いたいわけじゃない。
一人一人に選択する情報と知識を持って欲しいんです」と語る
CRMS理事の岩田さん。
「汚染地にいることを自覚して欲しい」という言葉が印象的でした。




1

そして本日発売の竹書房の掲載誌にこんなADを発見。


「井上きみどり新刊2冊同時発売」として
竹書房と集英社の雑誌でコラボ宣伝(?)してくれています。
うーん。担当さんから「AD出すよ」と聞いてたけど、嬉しい。


これは竹書房の担当者と集英社の担当者が密談して
「同時期に出して一緒に宣伝しましょうよー」
ということになった結果なのですが
(↑井上抜きで取り決められました・笑)
他社の単行本を宣伝し合う時代がくるなんて・・
ちょっと驚きです。


竹書房刊「ふくしまノート」
集英社刊「マンガでわかるコドモの医学」が並ぶAD。
個人的にも良い記念になりそうです。



|

2013年3月 1日 (金)

元デスクが・・!

1331

先日、理事をしている
仙台の教育支援団体「NPO法人アスイク」本部に
久しぶりに顔を出しました・・・ら



12月まで第2の仕事場にしていた私の元デスクが
こんなことになっているのを発見!
50個の段ボール箱に占拠されているのが
私の元デスクです(涙)
椅子なんて、もう
埋没しちゃって認識不可です・・↓

1331b

段ボール箱の中身はご寄付頂いたパソコン。
これらは、経済的理由で
学習の機会を限定されている子ども達が
放課後に勉強をするために使う大切なPC。
これら50台のPCのセットアップのために
今週末には東京から
ボランティアさん達が来て下さるとか・・。



・・と聞くと何も言えません。
ご寄付、ご協力下さって感謝です。
もう何でも積んじゃって下さい!


1


そしてこれが
仙台の教育支援団体「NPO法人アスイク」
公式ホームページ。
このほどリニューアルして
井上の漫画もHP内でご覧頂けます。


震災直後の春、
避難所だった体育館の一角に敷いたブルーシートに
お借りした机や
机代わりに
物資用段ボール箱を逆さまにして置いた学び場が
アスイクの原点です。
あの学び場は
学校にも行けず、
避難所で息をひそめるように
暮らしていた子ども達の「居場所」でした。


現在は、さらに活動の幅を広げ
仮設住宅、みなし仮設の子ども達の他、
経済的に困難な状況にあるご家庭の子ども達に
教育の場を提供するための活動をしています。


アスイクの活動はまだまだこれから。
HPを是非ご覧頂き、
ご賛同、ご協力頂けますと、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。



|

制作、進んでいます。

525344_423859907698091_1123988642_n
FBでは、既にご紹介したのですが
3月に11日&12日に(ほぼ)同時発売される
単行本2冊の制作が進んでいます。
「コドモの病気をお話ししましょ。」を改題した
「マンガでわかる・コドモの医学」の表紙と帯は
こんな感じになりました。
単行本のために書き下ろした漫画も
9p掲載されています。


539618_422046397879442_8909634_n

「ふくしまノート」
の表紙と帯はこんな感じ。
どちらの表紙も装丁デザイナーさんが
可愛くまとめてくれました。
編集さんも遅れっ放しの井上につきあって
頑張ってくれましたよ・・・(涙)



「ふくしまノート」は3月11日発売(竹書房より)
「マンガでわかる・コドモの医学」
3月12日発売(集英社より)です。

Amazonでは既に予約注文が始まっているようです。
(↑上記タイトルをクリックして下さいね)

どうぞよろしくお願いいたします。



|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »