« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月 7日 (木)

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」新しい漫画の公開がスタートしました

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」公式HPで
井上の新しい漫画が公開スタートしました。

20160706_121859

今回はラオスに行き、
不発弾除去の現場と
不発弾の被害に遭った男性や子ども達を
取材して描いた作品です。
私が会った子ども達が
不発弾で負傷したのは
なんとたった1年前のこと。
二人の男の子が亡くなりました。


40年も前のベトナム戦争時に残された不発弾で
ベトナムの隣国ラオスでは
現在も毎年30人前後の被害者が出ています。
日本でも第二次世界大戦時に残された不発弾で
数年前に犠牲者が出ました。
そして今も、
世界中で紛争や戦争、テロが起こり
武器を持たない市民が犠牲になっています。


数日前に起こったテロ事件のように
これを「海の外のこと」と済ませることは
もう出来る時代ではありません・・。
誰もが目を背けたくなる、
厳しい現実ですが
「自分ごと」として受け止めて欲しい・・。
一発の銃弾でも、
一発の爆弾でも、
この地球から減って欲しい。
そんな思いを込めて描きました。


小学高学年のお子さんにも読めるように
分かりやすく描きましたので
ぜひ読んでみてくださいね。


JICA・JANIC・UNDPによる
「なんとかしなきゃ!プロジェクト」公式サイトはこちらです。

20160707_172654

↑黄緑色のアイコンをクリックして
漫画ページに進んでください。


1

実際の不発弾除去作業の動画は
井上のFacebookでご覧頂けます。
(こちらのブログには動画が張り付けられませんでした)
大きな音が出ますが、
爆弾というものがどんなものか、体感して頂くために
音声をONにして視聴してみてくださいね。




|

2016年7月 5日 (火)

まとめてアップ!

早いもので、もう7月。
2016年も半分終わってしまいました。

ということで、
投稿するはずだった6月分のお知らせなどを
一気にアップさせて頂きます。

13346563_1026511697432906_3442223_2

仙台市発行の就活応援マガジン「仙台で働きたい!」の
リーフレット表紙イラストを担当させてもらいました。
「日本一」とか「完璧に」ではなく、
「だいたい」というところが仙台らしくて好きです(笑)
この、ほどほど感が仙台の魅力と言えなくもないです


13516221_1040926929324716_814981829

「仙台で働きたい!」東京版も出ました。
表紙の漫画に描かせてもらった通り、
仙台は平均通勤時間が東京の6割とのこと。
地下鉄東西線も開通して、
アクセスが格段に良くなりました。

自転車通勤の人が多いのも仙台の特徴で、
仙台市内中心部では
「自転車専用レーン」「歩行者専用レーン」が
分かれている所があります。
雪が降っても自転車に乗る人が多いことに
移住したての頃はビックリしました・・・。
雪用の自転車用タイヤがあることを、
仙台にきて初めて知りました。


13413512_1027540827329993_674555059

集英社オンラインメディア・OurAgeにて連載中の
「半ダース介護」も公開されました。



13590490_1043478365736239_244026076

現在、公開されているのは4話。
夫の舅(育ての父)くまパパが突然倒れて
3人目の介護に突入するハルコさん。
待っていたのは壮絶な〇〇のお世話の問題でした・・・。

ショート漫画なのでサクッと読んで頂けるかと思います。
笑いながら介護を考える機会にして頂けると嬉しいです。


13413048_1033091543441588_390578788
竹書房サイトにて連載中の
「ふくしまノート」も公開しています。
今回は九州の震災に対する、福島の人々の思いを
福島在住の方や県外避難している方に語って頂きました。
九州には日本で唯一稼動している川内原発があります。
地震被災だけではなく、放射能被害の脅威という
同じ不安を抱く地域として
災害や原発、エネルギーなどについて
それぞれの方にお聞きしました。
遠い九州の地震の報道に、
子ども達はどんな反応をしたか?などもお聞きしましたので
是非読んでやってくださいね。




13516404_1035565293194213_511333825

そして「ふくしまノート」九州の震災の回・後編で
九州の方々に震災のこと、エネルギーのこと、
福島に向けての思いなどをお聞きするために
熊本県阿蘇へ取材に行きました。



13445674_1036029336481142_705071633

熊本入りしたのは
ちょうど大雨で熊本には土砂災害警戒が出たその日。
熊本空港から阿蘇を結ぶ道路にある、
阿蘇大橋が地震による土砂崩れで崩落してしまったので
福岡空港から車で熊本に向かいましたが、
あちこちの道路が通行止めになって
移動だけでかなり時間がかかってしまいました。
火山灰災害や土砂災害、水害など
災害が多いと言われる熊本の様子を
少し体感させてもらう貴重な機会になりました。

この回の漫画は
現在作画作業中です。
7月中旬に公開される予定です。


13445737_1034635179953891_738468742

生活クラブ連合会さんの機関誌「生活と自治」の
3号連続リレーエッセイにも登場させて頂きました。
現在は7月号・8月号が発行済み。
9月号には書き下ろしのイラストも掲載されます。
25万部発行されているそうですので
機会がありましたらご覧下さいね。


13394080_1025917334159009_723691287

そして6月は
本業の合間に、クローズドのお話会イベントも開催しました。
仙台の街づくりの場で活躍している足立チカコさんと
人数限定の食とトークの2日連続イベント。



13327348_1025917254159017_475625037

1日目は石巻カレー全集をメインに
コミュニティーカフェ「うれしや」店主でもある足立さんが
なんと10品の「黒料理」を作ってくれました。


13319830_1025917424159000_828489989

そして2日目は
10品の「赤菓子」を食べてもらいながらのお話会。
参加して下さった方々に
何とか楽しんでもらおうと
2日とも浴衣で挑みました。
(この日は暑くて大変でした・・・)
お陰さまで(?)
カフェに陳列させてもらった「石巻カレー」は完売。
いや、良かった良かった・・・。


記念写真も店主足立さんの発案で
「ボンカレーのポーズ」(笑)
同年代の方にしかわからないだろうなあ・・・



13327389_1025917420825667_755334838

井上、大笑いしていますが(笑)
本当に楽しい2日間でした。
中には東京からの出張ついでにご参加くださった方や
久しぶりにお会いする方がいらっしゃったり・・・・。
いつも孤独に仕事しているので
こういう機会って本当に有り難いです。




実は今回のお話会は
私の最後のクローズドイベントでした。
「うれしや」店主・足立さんには
沢山の出会いとご縁が生まれるきっかけをつくってもらいました。
心から感謝しています。
(今後は参加者としてお邪魔させてもらいますね!)


他にも河北新報にて連載中のイラストコラム
「週刊きみどり」などもあり、
6月もバタバタしている間に過ぎて行ってしまいました。
7月は夏休みを控え、
やっぱりバタバタになりそうな気配がしていますが
目の前にあることを着実にこなしながら
毎日を過ごせたらと思っています。

ボチボチと
がんばろう〜。


|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »