2017年4月 1日 (土)

「ふくしまノート」3巻出版しました。

17309273_1270832763000797_315325184



お陰さまで3月11日に
「ふくしまノート」3巻が無事発売になりました。
時代の流れを受けて
残念ながら「ふくしまノート」が紙の単行本になるのは
これが最後。
単行本としてまとまって嬉しかったりホッとしたりする半面、
小さな寂しさも感じています。



17264248_1270832773000796_798272884

1巻〜3巻に共通している茶色の帯は
福島の大地をイメージしたもの。
表紙裏の日本全体の地図も
本のあちこちに使われている、種から芽が出ているアイコンも
装丁デザイナーさんの
「これからの福島」と子どもへの願いが込められたものです。
当初は「単行本が出るごとに、この芽が成長していくといいね」と
話していたのですが
依然として福島は問題や課題が残っているままです。



17523130_1285249474892459_680138893


出版されてから
「ふくしまノート」あったよ〜
平積みされてたよ〜と
わざわざ写真を送ってくれる友人知人が。
皆さん、ありがとうございます(感涙)



昨日の3月31日に避難区域解除となった、
飯舘村について描いた取材漫画も収録しています。
除染「完了」とは言うけれど、100%除染済みではない現実。
村に戻る、戻らない、戻れない、戻らなければ生活できないという
複雑な村民感情が生まれてしまう背景はどこなの?
・・・など、
短いニュースでは伝わりきらない、飯舘村の本当のところを
現地で飯舘村の方に取材させてもらって描きました。
これは飯舘村だけではなく、
次々と避難区域解除になっている地域すべての問題だと言えます。
重いテーマですが、
小学高学年のお子さんにも読めるように描いてみましたので
ご覧頂けると嬉しいです。




書店にない場合は
Amazonなどオンライン書店に
注文して頂いた方が早いかもしれません。
どうぞよろしくお願いいたします。








|